Edit
TOP
法人概要
当事者の情報発信

水中のアビリティエクササイズ®
(水中リハ)

水中のアビリティエクササイズ®
(水中リハ)

水中のアビリティエクササイズ®

当法人の行っている水中のアビリティエクササイズ®は、重度運動障害者(脳卒中後遺症、神経変性疾患者)に対する水中環境でのリラグゼーションを中心とした「一対一で行う、水中のアビリティエクササイズ®プログラム」です。設立当初より、国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 神経筋機能障害研究室長の河島則天氏に研究協力を仰ぎ、アドバイスのもと実施してきました。

陸上ではリハビリテーションが難しい重度運動障害者に対し、水中リラクゼーションを重要視し、まずは重力下で生活していることにより生じる筋の緊張を取り除く事に力を注いでいます。水中リハを行い始めた初期の私は、プラスのトレーニングをすることばかりを考えていましたが、河島氏の助言により、筋緊張を取り除いて初めて、その後に行うリハビリが有効になることに気がつきました。

階段から入水4-768x1024-1.jpg

我々はほぼ全員、普段でも自分の体に力が入っていることに気が付いていません。重力下にある陸上で力を抜くことはとても困難なことです。

characteristics_of_water_900x506.png