ニュース

2015年を振り返って

 2015年12月31日    

2015年は輝水会にとって、沢山の新たな取り組みがありました。

水中リラクゼーション・リハビリをより多くの方に体験していただくことができ、当事者、ご家族や支援者の皆さんの沢山の笑顔に出会えた一年でした。
国立障害者リハビリテーションセンター研究所の河島則天氏のご協力・指導のもと、神経難病(脊髄小脳変性症)患者の水中リラクゼーション・リハビリの体験会を行い、その後も年間を通して継続的に実施することができました。

また、念願の「水中リラクゼーション・リハビリの体験会」を当事者、ご家族、そして医療従事者向けにも行い、計4回開催することができました。

脳血管障害発症後11年。「もう一度、自分の手で作った料理を家族に食べてもらいたい」と懸命にリハビリに取り組み、様々な試行錯誤を繰り返し、日々チャレンジを続ける、Kakkoさんの片手でもできるお料理のアイデアをまとめた、「Kakkoさんの左手料理」DVDを作成、発売を開始しました。
当事者同士で学び教え合う、片手での料理講習会(Kakkoさんのお料理教室)も行い、来年は更に多くの方々と交流できることを楽しみにしています。
かぼちゃIMG_0396
水中リラクゼーション・リハビリの効果検証につなげていくために、水中リラクゼーション時の心拍数の測定や動画撮影も開始しました。今後、研究活動を通しても、より多くの方々に水のもつパワー、楽しさ、素晴らしさを感じていただけるように広めていきます。
本年中の御愛顧に心より御礼を申し上げるとともに、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。
国リハ体験会2015集合写真
PAGE TOP ↑