輝水会 事務局:(03)6809-8665 見学・お問合せ

わたしたちはスポーツを用いて
共生社会の構築に貢献する

障害のあるひとが仲間と出会い
社会参加する

障害のないひとが人の多様性に気づき
理解を深める

previous arrow
next arrow
Slider

輝水会の理念

脳損傷や神経難病などにより生活機能に課題がある人に、体力の維持向上とともに、患者から生活者となり、再び輝いた人生を送るための心のきっかけづくりを「水中リハビリテーション」「リハビリテーション・スポーツ」の実施を通じ、自立(自律)と社会参加を促す手伝い(支援)すること


新着情報

2019年08月19日     Webサイトのリニューアルのお知らせ

カテゴリー;未分類

2019年07月31日     患者から生活者

カテゴリー;輝水会活動日誌


輝水会の取り組み

回復期リハビリテーション病院を退院後、「患者」から「生活者」となるためには、日常生活動作を再獲得するだけでなく、気持ちの切り替えを行える機会(心のきっかけ)が必要です。たとえ機能障害があっても、きっかけさえあれば、自分が持つ潜在能力を活用して社会参加し、住み慣れた場所で生き生きと暮らすことができからです。

わたしたち(当法人)は、「スポーツ」という手段を用い、「患者」から一人の「生活者」になるための心のきっかけづくりの手伝いを行っています。

障害がある人、高齢の人であっても、人は皆、可能性と能力を持った人間である、という原点に戻り、生活機能に課題のある人の「自立(自律)」と「社会参加」を、これまでの「受動的に管理されたプログラム」から、自らが能動的に主体性を持ち行う「能動的主体性プログラム」へと意識の変革をもたらすことが「公益」に値する活動になると考えています。

研究活動情報

輝水会の活動に参加する

一般社団法人輝水会の理念・活動内容にご賛同いただける方々を広く募集しています。

IMG_2096_e2_blur

輝水会活動日誌

2019年07月31日     患者から生活者

カテゴリー;輝水会活動日誌

2019年03月02日     股関節に障害のある人の水中リハ

カテゴリー;輝水会活動日誌

2018年10月31日     せたがやY・Yリハスポクラブ

カテゴリー;輝水会活動日誌

2016年01月01日     謹賀新年

カテゴリー;輝水会活動日誌

Back to Top