水中リハビリ体験会(3/20)①

3月20日開催、水中リハビリ体験会の様子①水中リラクゼーション

輝水会の水中リハビリでは、「リラクゼーション」を積極的に行なっています。麻痺や機能障害により、日常生活の中で、体も心も緊張が強くなっていることが多く、力を入れる練習以前に、浮力や相手の支えに体をゆだね、意識して力を抜いていく、力が抜けていくという感覚を体験してもらいます。

支える側の緊張が強いと、それが相手にも伝わります。陸上では、なかなか人を支えるという経験はありませんが、水中では浮力もあり、お互いに力を抜けば抜くほど楽に支えることができます。

最初は意識して力を抜いて、相手に体を委ねていく感覚を味わっていくうちに、ふっと力が抜けていきます。体験会では参加者全員に、支える側・支えられる側両方を体験していただきました。最初は緊張気味だった参加者の方の表情も練習を繰り返すうちに穏やかに、笑顔になっていきます。