股関節に障害のある人の水中リハ

昨年より股関節に障害のある人の水中リハを行なっています。痛みをかばい不活動になればなるほど、筋力低下により重力下での負担は大きくなります。肩までの深さの水中に入る事で、10分の一の体重になり痛みを軽減し股関節を守る為のサポーターの様な筋肉をつくる事が出来ます。