Edit
TOP
法人概要
当事者の情報発信

研究プログラム

研究プログラム

交通事故等による脳損傷や高次脳機能障害に対する
水中環境での取り組み

交通事故等による脳損傷や
高次脳機能障害に対する
水中環境での取り組み

日本損害保険協会自賠責運用益拠出事業助成金を用い、昭和大学藤が丘リハビリテーション病院、橋本圭司医師の協力のもと、「水中環境での運動を中心としたスポーツ活動プログラムによる交通事故等による脳損傷者及びその家族、並びに支援者の心理的回復プロセス及び地域における支援システム構築」の実施します。

当法人は、新型コロナウィルス感染拡大防止の対策を充分に講じた上で、水中のアビリティエクササイズ®、レジリエンス・スポーツ®教室等の運動指導活動を実施いたしますので、ご協力のほど、宜しくお願い致します。

助成いただいている団体

一般社団法人日本損害保険協会

一般社団法人日本損害保険協会

(自賠責運用益拠出事業)

今年度の「交通事故等による障害のある人、高次脳機能障害に対する水中環境での運動を用いた取り組み」は、「一般社団法人日本損害保険協会 2022年度自賠責運用益拠出事業」の助成により行われています。

「水中環境での運動を中心としたスポーツ活動プログラムによる交通事故等による脳損傷者及びその家族、並びに支援者の心理的回復プロセス及び地域における支援システム構築」を開始します。
障害のある人に意識改革を促して「してもらう日常」から「自分自身のことを主体的に行う日常」へと転換し、権利の主体として意識向上を図りたいと考えています。またそれによって人として成長・発達の潜在力と可能性があることを体験して欲しいと考えています。

本事業の研究のテーマ

  1. 水中環境における運動継続による当事者の心身の変化の縦断的研究
  2. サスティナブルな社会・誰もが住みやすい地域共生社会の実現(ボランティアの育成)
  3. 社会的障壁を除去することで、障害理解につなげる(障害と環境との相互作用)

対象

交通事故等による脳損傷者及び高次脳機能障害を対象とします。

■内容

水中活動室を利用し、水中のアビリティエクササイズ®等を全10回にわたり体験します。

水中リラクゼーション_03_650x400.jpg

■調査について

医学的エビデンスを構築するために、レジリエンス・スポーツ®教室及び日本損害保険協会自賠責運用益拠出事業助成を用いた取り組みを①やる気スコア②S-H式レジリエンス検査③GAF(自己効力感)④CogEvo(認知機能測定)等を用います。

参加いただく皆様にご協力いただきます。

IMGA0060_800x600.jpg

ボランティア募集について

ボランティアを募集しています。水中のアビリティエクササイズ®体験会・レジリエンス・スポーツ®教室にを継続して活動していくために一緒に楽しみながら参加くださるボランティアが必要です。是非ご協力をお願いいたします。スポーツ・水泳・プールが大好きな方、是非まずは一緒に参加してみませんか。

IMG_9204_800x600.jpg

令和4年度(2022年度)開催日程(予定)

■日程

4月より毎週土曜日実施
10:00~11:00(事前調査等)
11:15~12:45(プール)

■会場

①東京都世田谷区(子育てステーション梅丘)等
②千葉県松戸市(和名ヶ谷スポーツセンター)等

■参加費

無料
※前後の調査にご協力いただきます。

■募集人数

年間30~50名を募集します。

お問い合わせ

氏名・連絡先(携帯番号・メールアドレス)を明記の上、参加希望とお伝えください。こちらから確認の連絡をさせていただきます。

下記ボタンよりお問い合わせフォームにてお問い合わせください。